もしかして避妊に失敗したんじゃないかと思う時がありませんか?そんな時に便利なのがアフターピルです。アフターピルは性行為後24時間以内に服用すると妊娠を回避することができます。アフターピルの存在を知らない方は是非ご覧ください。

アフターピルの長期服用と亜鉛の重要性

sアフターピルは意図せずに膣内射精されてしまった場合に使用する薬で、緊急避妊のためだけに投与されるものなので、長期的に服用することはできませんが、一般的にはアフターピルを服用した後には低用量ピルなどを用いて長期的に避妊をすることが多いので、婦人科などを受診するとアフターピルによって緊急避妊をして、そのまま低用量ピルの服用が始まる場合があります。低用量ピルは女性の生理周期に合わせて服用するので、長期的に服用することが多くなっていて、服用の中止と再開を繰り返すと血栓症のリスクが非常に高くなるので、避妊が必要な場合には長期的に服用を続けるのが一般的になっています。アフターピルは黄体ホルモンを急激に増加させることで受精を防ぐ働きがありますが、女性の体に対する負担が大きいので同じ病院で何度も処方してもらうのは難しい場合もあります。亜鉛はストレスなどで減少してしまうミネラルなので、ビタミンCとともに積極的に摂取をする必要があります。亜鉛が不足すると髪の毛や爪の成長が悪くなるので、髪の毛が減ってしまったり、爪が割れやすくなるなどの悪影響が出ることがあります。また亜鉛が不足すると味覚障害が起きるので、食材の味がわからなくなるので、塩分を多く摂り過ぎてしまったり、糖分を過剰に摂取してしまう場合があるので、異変を感じたらすぐにサプリメントなどで亜鉛を摂取する必要があります。亜鉛を含んでいる食材としては、卵や納豆、牛肉、牡蠣などがありますが、バランスの良い食生活を送っていると自然に摂取できるのであまり意識をしなくても亜鉛不足になることはありません。しかしジャンクフードと呼ばれる脂肪分や砂糖を多く含んでいる食事を続けていると亜鉛が不足する可能性があります。